2008年10月

2008年10月15日

枚岡祭(もひとつ)ちょーさじゃ



太鼓の音が綺麗に録音出来ていないのが残念だけど、雰囲気分かるかな?




枚岡神社は生駒山の麓なので、境内は結構な坂です。
太鼓台の担ぎ手力こぶも大変。
けど、その様は格好いいです。ラブ




よく見てください。
太鼓台を担いでいるのではなく、上に持ち上げています。力こぶ炎
夕方の宮入や夜遅くに”さっせ”と言ってこの状態で境内の下から上まで上ってきます。
最後は上でめちゃくちゃ太鼓台を降るのですが、かなり力と体力がいるので担ぎ手の能力が試されるわけです。
もう本当に格好いい。ドキドキ小ドキドキ大
枚岡祭に来たならば、絶対これを見なくちゃ損。
今回はプチさっせしか見れず、帰らなくちゃならなかったけど、悲しい次回こそは粘って見るぞびっくり

P.S.0時頃布団に入って寝ようとしていたら、宮出をして保管庫に帰ってきた太鼓台の音が遠くで響いていました。

綺麗な映像はこちらへ。↓
枚岡祭映像
現在2007年の映像で、2008年の映像は11月中旬頃らしいです。

at 12:23|PermalinkComments(2)mixiチェック 旅行・ぶらぶら。 

枚岡祭 あー、ちょーさじゃ

1adad6de.jpg


d6906cb7.jpg


境内で上っていく力こぶ炎太鼓台と、下っていく力こぶ炎太鼓台がすれ違う様は圧巻です。
沿道のお客様は押し潰されるので要注意びっくりびっくり


e33e3b57.jpg


タイトルに入れている、「ちょーさじゃ。あー、ちょーさじゃ」ですが、これは太鼓台を担ぐ時の掛け声です。
布団太鼓でこの掛け声をかけているところは多いということですが、枚岡祭の場合「あーよさっちょーさじゃ」という掛け声が主流だそう。
この掛け声は、河内の「あー河内ちょーさじゃ」や四條の「せーっちょーさじゃ」など各太鼓台によって微妙に違うんです。
私は、河内の掛け声がめっちゃ好き。ラブ
因みに”ちょーさ”とは太鼓台のことらしいです。


38d55de4.jpg


太鼓の叩き方も枚岡祭では基本的に「どん、どん、どんどんどん、どんどんどん、どんどんどん」とういうふうに叩きます。
場合によっては太鼓を遅くしたり、軽快にしたりという叩き方もあります。
この太鼓の音音符はお腹に響いて癖になります。


d7413ab6.jpg


2b6c1351.jpg


bb7a0982.jpg


境内に宮入して休憩中の太鼓台。(駐車中 笑顔
数台は境内の外を巡回中。
太鼓台は朝から夕方にかけて各地域の町内を廻るんです。
家の前までちゃんと来てくれるので、(休日の場合は家の窓から見れるので)めちゃくちゃ楽しいですよ。ラブ


at 12:19|PermalinkComments(0)mixiチェック 旅行・ぶらぶら。 

枚岡祭 ちょーさじゃ

d523359e.jpg


今度は額田の太鼓台。

3fe3fd9f.jpg


額田は、大太鼓・中太鼓・小太鼓と3台も保有していて、布団太鼓の飾りも綺麗だし、なにより太鼓の叩き方が昔から一番上手いと思います。
もう、格好いいですよ。ラブ
言葉では分からないでしょうが、基本の太鼓の叩くリズムはこうです。
「どん どん どんどんどん どんどんどん」音符
「どん どん どんどんどん どんどんどん」音符
お祭り前から、各地域の太鼓台の保管庫の前で太鼓を叩く練習がされているので、たまに家まで聞こえてきて、「あぁもうすぐだ。」とそわそわしてきます。笑顔

8c2d5c2f.jpg


6e622118.jpg


be23551b.jpg


これは宝相の太鼓台。

83edb755.jpg


ae29821c.jpg


お次は豊浦の太鼓台。


参考までに、宮入は「出雲井」・「額田」・「宝箱」・「豊浦」・「喜里川」・「五條」・「客坊」・「河内」・「四條」の順番で行われるそうです。
宮出は太鼓倉の位置の関係からか基本的に宮入の逆順で行われるらしいです。豊浦は神社から倉の位置が近いので最後の方だそう。

at 12:08|PermalinkComments(0)mixiチェック 旅行・ぶらぶら。 

枚岡祭

行って来ましたびっくり枚岡祭。
地元民が誇る力こぶ炎枚岡神社の秋祭りです。
この日は仕事が奇跡的に早く終われたので、父親と待合せして19:30頃枚岡神社へ到着。
因みに母親は昼の間に、妹と姪っ子と祖母とで祭を楽しんだ模様。


3572f98f.jpg


うちの地域、出雲井の布団太鼓。

f7173d9e.jpg


ca047c7a.jpg


3d218155.jpg


40cc08f1.jpg


去年新造したらしい。
もうちょっと豪華に作って欲しかった…。悲しい
写真の見栄えが…。


因みに枚岡祭とは、毎年10/14(宵宮)と10/15(本宮)に枚岡神社で行われるお祭です。
五穀豊穣、つまり豊作を願って行われるお祭りです。
このお祭では上記写真の「布団太鼓」(通称太鼓台)と呼ばれるものが担ぎ出されます。
台数は大小あわせて約20台にもなり、1台を約40名で担ぎます。
そう、各地域で太鼓台(基本、大太鼓1台・小太鼓1台、お金持ちの地域は中太鼓も)を保有しています。
地域で太鼓台の飾りも違うし、法被も違うし、掛け声や太鼓の叩き方も微妙に違います。
地域は「出雲井」・「額田」・「宝箱」・「豊浦」・「喜里川」・「五條」・「客坊」・「河内」・「四條」になります。
大阪の祭と言えば岸和田のだんじり祭が有名ですが河内地区ではこの枚岡神社秋郷祭が最大の祭です。
なので、日程が平日の場合、地元の小学校・中学校(枚岡西小学校・枚岡東小学校・枚岡中学校:私が在学中)は当日は午前中授業で終了。
太鼓台の担ぎ手や太鼓を打ち鳴らす役回りの男子生徒は午前中からお休みOKでした。OK
だって授業中に太鼓の音が一杯聞こえてきて、みんなそわそわして授業になりませんから。ウインク

at 12:02|PermalinkComments(0)mixiチェック 旅行・ぶらぶら。